摂食・嚥下について

ナカマルの自己紹介

こんにちは。ST介護士のナカマル@NBTKST2222です。

10年間ほど言語聴覚士(ST)として飲み込みや言葉の訓練のプロとして仕事をしていました。

現在は、言語聴覚士でありケアマネージャーであり、現場の介護スタッフとして介護施設で働いています。

このブログでは、介護・医療職が悩みがちな

○臨床(言語聴覚士の専門の1つである摂食・嚥下を中心)のこと

○お金に関係すること

○職場の人間関係について

について発信しています。

このページではナカマルの自己紹介をしたいと思います。

1 専門学校編

2 国試浪人編

3 言語聴覚士編

4 介護施設編

5 今後の活動について

1 専門学生編

言語聴覚士の資格を取得するには専門学校か4年制大学もしくは大学院を卒業して国家資格を取得する必要があります。そのため、私も3年間の専門学校に通いました。

ところで、言語聴覚士という仕事は今でこそ、多くの介護・医療従事者に知られるようになりましたが、10年ほど前は理学療法士や作業療法士と比較してその名称はほとんど知られていなかったように感じます。

ここでそれぞれのリハビリの資格について簡単に説明したいと思います。

 

2 国試浪人編

3 言語聴覚士編

4 介護施設編

5 今後の活動について

 

 

 

 

 

もっと色んな情報を知りたいと思った方は公式LINEの友達登録もよろしくお願いします!!

ABOUT ME
ナカマル
ナカマル
現在グループホームでST(言語聴覚士)兼介護士として働いているナカマルです。 3か所の急性期~生活期の病院を経験した後に、小規模多機能型居宅介護でST×ケアマネ×介護で働いている。 介護・医療職が悩みがちな臨床・お金・人間関係に関連する記事を発信中。 ツイッター、インスタ、公式LINEもよろしくお願い致します。
最近の投稿